■Ⅲ-1-2 美術の贈りもの        目次表へ

2019年度 美術の贈りもの

 地元の画家、美術の先生方の指導の下で「感性をはたらかせ、豊かに発想する児童の育成」を めざして下記企画を実施しました。
 学校訪問美術教室は「青梅夜具地でアート」「セラミックアートにTRY!」「色で表そう!」「藍染でアート」等の 制作授業をしました。作品は11月~12月に青梅市立美術館に展示、一般公開されました。
また、青梅市立美術館での鑑賞教室では生徒たちが本物の美術作品を観て、感じたこと・思ったことを話し合い、 多様な感性を理解し合うことを学びました。

(1)アーティスト交流授業


 
7月16日
10月15日
10月18日
10月31日
「青梅夜具地でアート」河辺小6年生:90人
「セラミックアートにTRY!」若草小4年生:62人
「色で表そう!」藤橋小6年生:42人
「藍染でアート」第7小5・6年生:36人

(2)美術館鑑賞教室

 

12月6日
1月9日
 

河辺小学校5年生:65人
多摩高美術選択:46人/2回
 

1.河辺小学校で「青梅夜具地でアート」 :郷土青梅の伝統工芸デザインに挑戦してみました。


2.若草小学校で「セラミックアートにTRY」 :黒粘土でお化けを創り、焼いて置き物に! 心のお化けも?


3.藤橋小学校で「色で表そう(色彩で遊ぼう)」 :想いもしなかった色彩の重なりを楽しみました。


4.青梅第7小学校で「藍染でアート」 :白布、割り箸、輪ゴムで藍染体験:オリジナル藍染作品の完成!


5.河辺小学校生が「美術館鑑賞教室」 :アートビューイング西多摩で感じたことを話しあう鑑賞教室。


6.多摩高校-美術選択生が「美術館鑑賞教室」 :アートビューイング西多摩で感じたことを話しあう鑑賞教室。


コピーライト